初めて浮気調査をお考えの方

浮気調査とは?
浮気調査とは、配偶者(夫、妻)や婚約者、恋人が浮気をしているかもしれないと感じた時に、探偵事務所や興信所によって事の事実を確認する調査です。
また、既婚者が他の異性と浮気をする不倫関係(不貞関係)の確認、証拠収集も浮気調査と言えます。

浮気調査の目的
浮気調査の目的は依頼をされる方によって様々ですが、基本的には浮気の事実を確認する為に行われるのが一般的です。
また、下記目的の為の浮気調査が多く依頼されております。
・配偶者、恋人の浮気事実を知り、お互いの関係について向かい合う為。
・浮気をした本人、浮気相手へ慰謝料請求を行う為。
・配偶者の浮気が原因で離婚を決断したときの証拠資料として必要な為。

浮気調査の費用
初めて浮気調査の依頼をお考えの方にとって大切なのは、浮気の事実が本当なのかどうかを知る為に、多大な費用をかけるのではなく、適切な費用で依頼をすることです。
また、調査依頼を行うことで、浮気の事実が判明したとき、確実な証拠を収集する事も重要です。低費用、低予算で確実な結果を得る為には、すべてを探偵事務所に任せるのでは
なく、ご依頼者自身のご協力が必要です。
実際、浮気調査室では、ご依頼者にご協力を頂く事で多くのご依頼を低費用にてお受けしております。効率の良い低費用での浮気調査をお考えの方は、ご依頼前に必ず調査士へ
ご相談下さい。専門家による浮気調査に関するご相談、費用見積もりは、24時間お電話やメールなど、無料にてお受けしております。

学生時代から付き合っていた彼は几帳面で、マメで不安を感じる事は滅多にありませんでした。お互いに「落ち着いたら結婚しよう」と話ながら同棲生活を始め、一緒に
貯金もしていました。しかし、真面目に働いていた彼が突然「学生時代の夢である音楽活動を諦められない」 と言い出し、給料のほとんどを自分の夢に投資するようになり
ました。将来の不安と、お金の余裕のなさで、毎日のように口論をしていました。
そんな中、「1年間だけ本気で夢に打ち込みたい…だから仕事を辞める」と言い出したのです。

悩みましたが、彼の両親の援助と「1年間、精一杯やってダメだったら、今度こそ夢を諦め、本気で働く」の言葉に渋々承諾してしまいました。彼が仕事を辞めて、しばら
くしてから、ライブ用にと高額ブランドの服を買ってきたり、音楽機材も高価なモノが増えはじめました。まさかと思い貯金を確認しましたが、そのまま残っていました。
だとすると、余計にお金の出所が分からなくなりました。彼に問いただしても、 お金の出所をハッキリ言おうとしません。

お金がほしくて何か危ないバイトを始めたのでは?と不安に思い母に相談し、話し合いの結果、プロに相談するのが1番良いという事になりました。
そして、ネットで浮気調査で検索し浮気調査室を見つけ無料相談に電話をし、浮気調査の依頼をしました。調査の結果、出てきたのは危険なバイトではなく浮気でした。

ショックでした。浮気と聞いたときは、元会社の女の子かと思っていたのですが、彼女だけではなかったのです。その女の子に、自分の境遇を話し、夢を語った所、食事だ
けでなく服やアクセサリーなども買い与えてくれた事に味を占め、真面目だった彼は豹変し、「女の子に甘えれば生活できる」 と開き直ったのです。
それから何人かの女性に対して同じように気を持たせるように接してはお金の援助を受けていたようです。彼からは散々言い訳もされましたが、元々の性分なのかもしれ
ないと思い、もう呆れてしまいました。

浮気調査を依頼せずに、素直に1年間待っていたらと思うとゾッとしました。プロに相談する事で、自分の将来も大きく変わると思いました。
浮気調査室に依頼してよかったと思っています。(長野県24歳女性 浮気調査6日間)


私は、1年程前から仕事の都合上、単身赴任する事になりました。初めの頃は、週末には必ず家内が赴任先に来てくれ身の回りのことをしてくれていたのですが、
半年位前から妻はパートで仕事に出ることになりました。仕事をするようになってからの妻は、お洒落に気を使い出すようになり、携帯に電話しても留守番電話になって
しまうことが多くなったのです。こっそり子供に聞くと、帰りも遅く帰ってくるという事が分かりました。私に対する態度も冷たく感じる様に思えたし、
不安もあったので、自分の方から週末は帰るようにしました。

暫くぶりに、妻を求めたところ妻の体からほんのりと男の香水の匂いがしました。私の勘違いであって欲しい気持ちと、不安な気持ちの両面に苛まれ、私は浮気調査を
依頼する事にしました。私と同じ思いをした友達に、浮気調査室のサイトを見つけてもらい相談に伺うことにしました。当然、浮気調査なんて初めてのことなので、
料金はどのくらいかかるのか?私は浮気調査中どのようにしていればいいのか?例え妻に男が居ても離婚はしたくないが浮気相手の男には慰謝料請求はしたい事など
色々と相談にのってもらいました。

担当者さんは、不安な私の気持ちを察してくれて分かりやすく浮気調査の内容や料金・訴訟の事、調査中の私のあり方などを親身になって教えてくれました。
浮気調査初日は、緊張と不安で仕事も手に付かず担当者さんからの連絡を待ちました。今でも忘れもしません、担当者さんからの連絡が来たのは18時45分頃でした。
妻は、15時頃に車で出かけて行き16時に駅のロータリーで男と待ち合わせしていて、食事をした後、18時30分頃にホテルに入ったとの事でした。 自分の妻が、
今、ホテルに入っているなんて… 暫くは何も考えられず放心状態のままでした。
その後、20時半頃に、妻と男はホテルから出てきて駅で別れたので、男を尾行して家をつきとめてもらいました。担当者さんからは「次回の調査に支障をきたすような言動
はしないで下さい」と言われたので、週末は精一杯の普通を装いました。‘精一杯の普通’ …これほど辛いものはありませんでした。

浮気調査二日目、妻に車で駅まで送ってもらい、複雑な思いと葛藤しながら私は赴任先へ向かいました。担当者さんから連絡があったのは、14時でした。 午前中に車で
バイパス沿いにある美容室に行き、午後男と会い食事をしてからホテルに入ったとの事でした。その後は、浮気調査で得た報告書を「不貞行為の証拠」として用い、男に
慰謝料請求訴訟を起こしました。担当者さんからは弁護士の先生を紹介していただき、浮気相手の男から 95万の慰謝料をとることが出来ました。
これは私が離婚をしたくなかったことと、結局お互い遊びだったとの事で妻も反省しているようなので、このくらいの 金額になったようです。そして今回の妻の過ちは、
パートを辞めることを条件に許しました。浮気調査室の担当者さんには本当に色々とお世話になりました。(埼玉県38才 会社員 浮気調査2日間)


「妊娠中は旦那の浮気に注意!」なんて、うちの主人には関係のないことだと思っていました。何故なら不妊治療まで一緒に受けて、がんばってがんばってやっとできた
子供なんです。浮気に気付いてからはとにかく早く浮気を止めさせたくて、彼に直接言いました。けど彼はとぼけるばかりで浮気の事実すら認めようとしません。

どうしていいか分からず、友達に相談したりもしましたが、気持ちは多少すっきりしても、解決にはなりません。途方にくれて浮気に悩むひとのコミュ的なサイトを見つけ
書き込んでみたりもしましたが、それも解決にはなりませんでした。

主人の浮気を止めさせるには、まず認めさせるには・・・色々自力で調べた結果、証拠がないことには始まらないことがわかったんです。
HPやタウンページを見て、数件の興信所に電話やメールをして見積もりを出してもらい、料金が一番安くて、真摯な対応をしてくれたところにお願いしようと思い、
東京探偵調査士会・浮気調査室に依頼することを決めました。

わたしのリクエストに応えて調査結果も順次細かく報告してくれて、調査の流れが分かりやすくて安心できました。調査結果の報告書類を主人に見せたら、無言で手をつき
涙ながらに謝罪してくれました。単純に性欲を解消するためだけだったということも調査結果から分かったので、今回だけは彼を許すことにしました。
確かに、不妊治療でのやっとの妊娠だったのでわたしもシビアになりすぎて、彼に求められても断ってばかりいたので、私もいけなかったのだと反省しました。
p.s 妊娠中のわたしへの気遣い心強かったです。本当にありがとうございました。(山梨県31才 主婦 浮気調査4日間)


本当のこと言うと初めは無料相談だけのつもりでした。結婚して10年、夫とはうまくやってきたつもりです。子供と犬と庭付き一軒家。自分で言うのもなんですが、
絵に描いたような模範的良い家族だと思います。夫の会社や近所のお友達なんかも、よく家に遊びに来ては羨んでくれるような家庭。決してよくある仮面夫婦なんかで
はなく、夜の夫婦関係も充実してるし家族サービスを欠かさない 優しい家族思いの夫です。

いたって何の問題も無く平穏な日々を過ごしていたのですが、ある日夫のパソコンを開いてしまったんです。普段は夫のノートパソコンなんて開くこともなければ、
気に留めることすらなかったのですがリビングの家族用(ほぼ私専用)デスクトップの調子が悪くてちょっと彼の書斎にあるノートを開いたんです。
たいした用もなかったのですが、ちょっと気になっていたオークションがあって、その経過をちょっと見ようと思っただけなんです。開いて、何の気なしにお気に入りの
欄をクリックして見てたら、ひとつのブログが目に入りました。よくあるような不倫を女性が綴ったブログでした。
こういう類は好きなジャンルだったので読んでみるとなかなか面白くて、それから自分のPCにもお気に入りで入れて たまに読んでたんです。何の気なしに。

すると、どうもリンクするんです。夫と・・・。 夫の帰りが遅かった日、出張の日・・・彼が書斎に閉じこもっていた次の日には更新されてる・・・ 気のせい?
とは思いましたが、どうもおかしい・・・。それで、浮気調査室の無料相談室に電話してみたんです。恥ずかしくてこんなこと誰にも話せないと思っていましたが
、 やはり専門家の方は慣れていらっしゃるのか冷静沈着なアドバイスが頼もしく思えました。こちら側の立場に立って良心的にお話しをして下さるし、料金設定も分かり
やすく安心して調査依頼に移行できました。

浮気調査の結果を見た夫は驚いていましたが、すぐに浮気の事実を認め、謝ってきました。
この家庭を壊したくない気持ちは夫も一緒でした。男ですから、たまにつまみ食いしたくなる気持ちは多めにみることにしても、それが継続されるとなると話は別です。
しかもそのことを相手の女とブログで楽しんでいるなんて…もってのほかです。だから実はその後も内緒で浮気調査を継続してもらいました。
浮気の根がきっちり無くなるまで見張ってもい、助かりました。(神奈川県33才 主婦 浮気調査4日間)


私は49歳になる二児の父親です。妻は私より15歳若く34歳です。歳も離れていたので甘やかせるように大事にしてきましたが、それがいけなかったのかもしれません。
それに、妻は若くして結婚したせいも有り私以外の男を知りませんでした。子供も手が掛からなくなり、ようやく自分の時間を持てるようになった妻は週末ジムに通う
ようになったのですが、ジムに通うようになって3ヶ月を過ぎようとした頃からジムからの帰りが遅かったり、たまにジム仲間と呑んで帰ってきたりと、お金の消費が
激しくなり、以前までの家庭を大事にしていた頃の妻ではなくなっていました。

ある日、近所の知り合いの方に「奥さんが、若い男と腕を組んでいたのを見たから気を付けたほうがいいよ」と言われました。
「まさか妻が浮気…?!」「そんなはずはない、うちの奴に限って…!!」

しかし、最近の妻の素行には疑われる様な行動も見受けられるし「妻にどう言って問いただすか?」「男は誰なんだろう?」とか色々考えても結論は出ませんでした。
それに、どうせいきなり話したところで証拠もないからシラをきられるだけだろうし、そう考えると居てもたってもいられなくなり友人に相談したところ、
インターネットで 色々調べてくれて浮気調査室を薦められたので、相談することに決めました。

浮気相談室の相談ルームに着いてからも「自分の妻を調査するなんて…」と、初めは後ろめたい気持ちと罪悪感で何度も躊躇しかけたのですが、面談員の方に勇気付け
られ浮気調査をお願いすることにしました。私は、最近の妻の動く時間帯や移動手段・特徴・車(のナンバーと車種と色)・髪の色と長さ・身長・普段の服装・ジムの
住所など、細かく説明して最近の写真を渡しました。浮気調査は妻の動きそうな、水曜・土曜・日曜の三日間をお願いしました。

水曜日、13時頃に車で外出をして女の友人と買い物をし食事をして17時に帰宅。
土曜日、12時に車で自宅を出てジムに行き16時ジムを出る。その後、男と会い食事をして19時にホテルに入る。23時帰宅。
日曜日、12時に車で自宅を出て14時に新宿で男と会う。17時渋谷のホテルに入る。22時帰宅。

三日間の調査が終わりました。
不貞相手の男は、やはりジムの関係者でした。家が分かり、追加の調査で名前と歳が分かりました。まだ若く26歳との事でした。その後、男に対して500万の慰謝料
を請求し、妻とは話し合いをした結果、男と離れられないとの事だったので協議離婚をしました。慰謝料請求の手続きやら協議離婚のことやらで大変でしたが、
あのままだまされ続けて生きていくよりも、浮気調査をして真実を知ることが出来、本当に良かったと思います。(東京都 49歳 会社員 浮気調査3日間)


全国調査士会マップ

24時間簡単調査見積もり

◆お名前(偽名でも可)
◆お住まいの地域
◆ご連絡先(固定または携帯)
◆メールアドレス(必須)
◆対象者の生活スケジュールについてお聞かせください。
 (例:平日、子供の送り出し、買い物、習い事、仕事など)
◆浮気をしていると思われる曜日や時間帯などについてお聞かせください。
 (例:毎週金曜日の夕方に習い事に行った時間が怪しいなど)
◆対象者の普段の移動手段についてお聞かせください。
 (例:車通勤、バイク通勤、徒歩電車通勤、バス、タクシー利用など)
◆浮気相手と思われる人物についてお聞かせください。
 (例:同じ会社の人物、同級生であるなど知っていることを詳しく)
◆浮気について対象者に直接、追求したことがあるかお聞かせください。
 (例:メールを覗き見した際に異性とのやり取りが原因で言い合いになった経緯があるなど)